奈良岡隆へ あなたの「お声」を届ける

よろしければ、皆さんから寄せられたお声を靑森市議会で発言している奈良岡隆を応援してみませんか。

私は新聞記者時代、靑森をいろいろ巡り、たくさんの事を見聞きし経験しました。

靑森のために何かできるはずだ。
そう何度も自分に問い、出した答えが市議会議員でした。
奈良岡隆はそれまでの新聞記者をやめて皆さんのお力とご支援で靑森市議会議員になり、努めさせていただいています。

今日が苦しくても明日はきっと良くなる。昨日より今日、今日より明日。
そんな希望と夢が見える青森市を作っていきたい。
働きたくても、保育園が近くになくて働けない、子育てが不安、生活が不安、年金が減らされたどうしよう。などなど待ったなしの課題を抱える青森市。

豪雪都市である青森市は、雪が少ない降らない地域とは大きく違います。
その中で新たな青森市を作りだすことは今を生きる私たちの責務です。

正しいことを正しいと、おかしなことはおかしいと言い、皆さんに正しく伝え、一緒に考えて行動しています。

皆さんから頂いた「お声」の中に、「簡単な手続きで支所に行ったら、本庁舎=青森市役所に行ってくれ!」と、言われた。ということを複数の人から寄せられました。

奈良岡隆事務所前の通学路豪雪地帯の青森市では、毎年冬になると、バス停は雪に埋もれ、それまで自転車や普通に歩けていた歩道や道が雪に埋もれて、歩きたくても歩けないところが出来てしまいます。

人々は車道を歩くことになり、ただでさえ冬場の足元おぼつかない中、それはとても危険な状態です。ましてや高齢者や子供たちとなるとなおさらのことです。

私は予算委員会で、平成27年第2回、第3回定例会に続き、青森市役所支所が青森市民にとって便利なところとなるよう取扱い業務の見直しを強く求めました。

奈良岡隆事務所

青森市は昨年、庁内各部に対して、取扱い業務見直しについて照会したことを明かしました。

青森市役所にわざわざ行かなくても、近くの支所でのさまざまな行政サービスコーナーでいろいろな用事を足せる地域社会。青森市の場合は雪の積もらない地域社会と大きく違います。

青森市での暮らしや市政についてご要望がございましたら、こちらのフォームか奈良岡隆事務所宛てに、お気軽にお寄せください。

個人情報の保護について
インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。