Category Archives: 青森市の保育

東北一高い保育料 見直しを

共働き世帯の平均年収は、20代が322万円、30代が464万円との民間機関による全国調査があります。 青森市の保育料を東北の類似都市と比較すると、年収が400万円世帯の保育料は最も高く、秋田市とは約1万円も違います。500万円の世帯は仙台に次いで2番目です。 一方で、年収70… もっと見る »

多子世帯の負担軽減を

子育てしやすいまちづくりのため、多子世帯に対する国民健康保険税等の減免を訴えした。 靑森市の国保税は、所得割、均等割、平等割の合計で算出する方式ですが、均等割は人数割と言われ、子どもの人数が増えれば増えるほど高くなります。 つまり、大家族ほど負担が大きいということです。 少子… もっと見る »

隠れ待機児童151人、子育て支援まだまだ不足

靑森市には待機児童はいない!? 靑森市に待機児童はいない、と思われているかもしれませんが、そうではありません。 潜在的な待機児童、または隠れ待機児童と呼ばれる子どもがたくさんいます。 例えば、5歳と2歳の子どもがいて、それぞれ別の保育園に送迎しなくてはいけない、あるいは近くの… もっと見る »

第3子以上の保育料を無料に

これはおかしい!三人で5310円が、二人で27.700円に。 一般質問と予算委員会で、2度にわたって保育料の問題を取り上げました。 保育料は、世帯の年収や子どもの数によって、細かく決められています。 そこで、夫婦で年収約430万円の世帯を例に取り上げ、保育料の制度的な問題点を… もっと見る »