議員定数削減案パフォーマンスなら許されない

By | 2018年8月1日

青森市議会の議員定数を削減する条例改正案が第2回定例会に議員提案されました。

定数を35から32に3減らす、というものです。

改選まで4ヶ月に迫った今、なぜという違和感を持ちます。新人候補には、不利になるようにも感じます。

賛成の意思を示していた議員が反対に転じるなど、水面下でさまざまな動きもありました。

提案理由の後の質疑では、提案した議員がきちんと答弁できず、おろおろしているようにも感じました。

選挙に向けた、市民受けを狙ったパーフォーマンスならば、市民を愚弄した行為です。

ずいぶんと悩みましたが、持論に従いました。