アウガ地下フロアにある市場の管理や配置はどうなるの?

By | 2017年3月20日

地上店舗(1階から4階)が、新しく「青森市役所庁舎」と生まれ変わることについて青森市側の考えを聞いたが、地下店舗など(既存の市場)はこれまで通り営業を継続するとのことです。そこで、地下のフロア配置やこれらの管理ついて、青森市側はどのような考えを持っているのでしょうか。

平成29年度第1回青森市議会定例会(2月24日から3月23日)の一般質問から。

【質問】

アウガ地下にある市場は、これまで通り営業を継続するとのことですが、地下フロアの管理、および配置について、お知らせください。

【答弁】

「地下フロアの管理」
平成29年4月以降のアウガの管理については、青森市が青森駅前再開発ビル株式会社から、アウガ管理者の役割を引き継ぎ、地下フロアも含めたビル全体の管理業務を行うこととしている。

「地下フロアの配置」
地階の空きスペースの活用法やテナントの配置替えについては、現在検討中であり、今後において地権者との協議も進めて参りたいと考えている。


「関連記事」
アウガ1階に設置される「総合窓口」について、どのような機能を考えているのか?