役所仕事のツケ!?多額の財政負担

By | 2017年2月27日

©青森エコクリエイション-青森清掃工場より

平成 27 年度から稼働している青森市のゴミ処理施設は約118億円かけて建設しました。

このゴミ処理施設の能力は年間84,567億トンです。「青森エコクリエイション-青森清掃工場」

さらに青森市のゴミだけは無く、今別町、平内町、蓬田村の3町村のゴミ処理も受託しています。建設が決まったのは平成20年、当時のゴミ排出量は上記の3町村と青森市を合わせて113,859トンです。

平成21年度から27年度の処理しきれないゴミは3町村と青森市の合計で29,292トン。
つまりゴミ処理の計画達成が困難だったにもかかわらず、的確な手が打たれませんでした。

当時の、鹿内市長は黒石広域組合に頭を下げて、これらのゴミ処理を委託することになりました。アウガだけは無く財政負担を招いた原因は何か!、奈良岡隆は厳しく追求していくつもりです。