青森市役所新庁舎の詳細

青森市役所、新市庁舎基本設計の概要

市役所新庁舎の、設計変更に伴う「整備計画」概要が固まった。

建設工事は、平成30年1月に着手し、平成31年10月完成予定。

その後、2か月間の引っ越し作業を経て、32年1月に新庁舎がオープンする見込み。

新庁舎の設計変更に係る経費は49,896千万円。
現在、実施設計を作成中で、建設費用は9月議会に提案される見込み。

配置計画によると、中央部に、国道から南北に通り抜けることが可能な広場を設けるほか、
国道側にねぶた祭の桟敷席配置スペースを確保する。

また、動線計画では国道側バス停近くに出入り口をつくり、自動車は南側から出入りする。

このため、国道からは自動車は市役所駐車場に入れない計画となっていて、今後議論を呼びそうだ。

 

青森市役所、新市庁舎基本設計の概要 
ブラウザのPDFビュアーでファイルが開きます。